立川子ども劇場ってどんなところ?

こころの引き出し たくさんふやして とびっきりの子ども時代を

 

★みる・・・いつまでも心に

  劇・音楽・芸能などのみたいものを会員みんなで選んでおやこで鑑賞します。

  生の舞台を見ることで本物の感動の種を心にまきます。

 

★つくる・みんなの『やってみたい!』を力をあわせて形にします。

  キャンプ・まつりなどの楽しい活動をとおして子ども たちの自主性・創造性を育みます。

     

★あそぶ・・あそびは子どもの本分!

  たくさんあそんで・たくさん笑って・たくさん感動してこころにたっぷりの栄養を。

立川子ども劇場は

立川・昭島・国立、また、その近隣に住んでいる人たちが会員になっています。

自分の住んでいる地域で楽しい活動をつくっています。

立川子ども劇場代表からごあいさつ

『立川子ども劇場にようこそ』

 

「ママ、ママ~」とついてきてくれる時間はほんとうに短いんです。どこへ行くにもつないでいる手はやがて離れて…最後に“むぎゅう”ってしたのいつだったかな?と今は思います。そうはいっても、仕事に家事にと時間に追われて子どもと向き合う時間をつくるのはたいへん!だから特別な日に“ドキドキしたね”“楽しかったね”をつみ重ねて心の引き出しをたくさん作っておきませんか?

 

できる⇔できない、うまい⇔へた、つよい⇔よわい・・・と比べられ評価されてしまう世界が子どもたちを待っています。でも、「みる・つくる・あそぶ」文化の世界には競争はありません。子どもは自分の気持ちに共感してもらう経験をつんで、自分をみつけ自分を愛せるようになっていくそうです。

 

子育ての「今」をみんなで楽しみましょう。ここには、子どもたちの育ちを喜び合えるあたたかなまなざしがあります。

                                   代表理事 中嶋節子

立川子ども劇場は、会員の会費で運営しています。

会費等の詳細は「入会するにはをご覧ください。